teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:410/426 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お疲れ様です!

 投稿者:アーチャー  投稿日:2004年11月 7日(日)18時33分46秒
  通報
  お~!!!、遂に遂に岡さんからのメッセージが・・・(感涙)
しかも、公演の真っ最中にもかかわらず。(アリガトウゴザイマス)
更に、逆にこちらが元気をもらっちまうような、エネルギッシュな文面だし。
へ(_ _へ)☆参りました・・・
やっぱり輝いている人というのは、違うもんだな~   と、実感です。

実は、随分以前のことですが、演劇なんぞやったことも無いし、観に行くこと
さえ殆んど無いというズブの素人ばかりが集まって、イキナリ舞台公演までや
ってしまおう! というとんでもない企画に乗ってしまったことがありまして
・・・(;^^A 当たり前ですが、そりゃぁもう大変でした。(笑)
結局、皆素人なので、稽古時間は延々何ヶ月やったでしょうか。
その割に公演はたった2日間で都合3回のみでしたが。(^^ヾ
でも、小さいながらもちゃんと会場(新宿のテアトル・ダール)を借りて、そ
れなりに成功だったと思いますし、何よりその時の感動は今でも忘れることが
できません。^^

ただ、その演目が、古いアメリカの田舎町の風景とそこに暮らす人々の日常を
淡々と綴った、特に派手さの無い(そこに意味のある)物語だったので、素人
集団にはとても難しいテーマだったように思います。

岡さんのご活躍をいろいろと知るようになってから、こんなふうにフッと過去
のことを思い出したワケなのですが、実は自分達が公演したあと、その後、こ
の演目をプロ,アマ問わず他の劇団等が実演したのを1度も見たことが無いの
です。(少なくとも、取り上げた劇団さえほとんど無いのでは・・・? と思
うくらいです)
それでもしも・・・もしも岡さんたちのようなプロの集団がこの物語を演じた
時、いったいどんな風に仕上げるのだろう? という興味がとても湧いてきて
いつか、どこかでこの作品に触れることがができたらなぁ~・・・と、淡い期
待をしている今日この頃なんですヨ。^^
めまぐるしく遷り変わる世の中だからこそ、この作品の中に流れる普遍的でゆ
ったりとした時の流れをもう一度感じてみたいと、思ったりしています。

因みに作品タイトルは、ソーントン・ワイルダーの「わが町(Our Town)」
です。
岡さんが主人公(エミリ)を演じたら、いったいどんなかな・・・と考えると
かなりワクワクしてしまいますね!(^^ゞ
 
 
》記事一覧表示

新着順:410/426 《前のページ | 次のページ》
/426